あなたはこの質問に明確に答えられますか?

問題。
脇のムダ毛は「抜く」のと「剃る」のでは、ドッチが良いか?

 

150文字以下で理由と共に述べよ。

 

と、聞かれたらアナタは明確に答えられますか?

 

きちんと答えられる方は大丈夫。
もうこのページを閉じて頂いて構いません。

 

きちんと答えられない方は…危ないです。
脇がボロボロになって、とてもじゃないけど他人様に見せられない脇になっちゃう警報発令です。

 

今すぐこのページを読み進めて下さい。

 

抜く・剃るはドッチも間違い?

脇のムダ毛を「抜く」と「剃る」のと両方の方法。
どちらも1つのメリットに対してデメリットが7倍以上(わたし調べ)もあります。

 

つまり、ほとんど悪い事しかないという意味。

 

「抜く」

○剃るよりもワキ毛が生えてくるまで長く持つ
×毛穴のダメージが大きすぎる=ブツブツ鳥肌、黒ずみの原因
×毛穴が開きっぱなしになる=炎症、毛嚢炎の原因
×毛根からきちんと抜けない=埋没毛の原因
×毛周期が乱れる=将来、脱毛するときに効果が出にくい

 

ムダ毛を抜くのは、実はもっともタブーな方法です。

 

なぜって?
それは「あまりにも肌へのダメージが大きすぎる」からです。

 

毛穴がブツブツ鳥肌状態になってしまうと、治すのには時間がかかります。

 

そして肌は刺激を受けるとメラニンを活性化させます。
それが脇の黒ずみとなって色素沈着をしてしまいます。

 

脇のムダ毛、剃る・抜くドッチ?正解者にはこれをプレゼント

 

こうなると大変。
ちょっとやそっとでは治りません。

 

大事な事なのでもう一度いいます。

 

ムダ毛を抜くのは、実はもっともタブーな方法です。

 

「剃る」

○手軽にできる
×皮膚の表層も削り取られる=肌荒れ、黒ずみ、デコボコ肌の原因
×ムダ毛の断面積が大きくなる=毛が太く濃く見えるので目立つ
×無数の細かい切り傷ができる=炎症、毛嚢炎、くすみの原因

 

お手軽なので、多くの女性がカミソリで剃ってワキ毛を処理していますが、きちんとこうした危険性を理解している人は少ないです。

 

黒ずみやデコボコ肌、カミソリ負けしておこる炎症や痒み。
こうしたトラブルが出て、初めてカミソリでの処理の危険性に気がつきます。

 

でもそれでは遅いんです。
さっきも言いましたが、脇にトラブルが起きてから治そうと思っても時間とお金が余計に掛かります。

 

脇のムダ毛、剃る・抜くドッチ?正解者にはこれをプレゼント

 

後からヤバさに気づく前に、このプレゼントを

脇の黒ずみで悩んでいる女性、多いですよね。
脇のブツブツ毛穴で悩んでいる女性、多いですよね。
カミソリ負けで炎症が起きて悩んでいる女性、多いですよね。

 

みんな、後から気がつくんです。

 

「あ、これはマズいな(;´Д`)」って。

 

人に見せられない汚い脇になる前に、抜く・剃る以外のムダ毛処理にシフトしましょう。

 

今までのムダ毛処理を続けると、恐らく96%の人は脇が汚くなります。

 

これはわたし自身も体験しましたし、周りの子の状況を見ても明らかな事実です。

 

もっとも確実で安くて仕上がりがキレイなのはこの処理方法です。

 

脇の毛穴も引き締まりますし、
トリートメントの効果でツヤツヤになりますし、
傷をつけなくなるので脇のくすみが無くなります。

 

黒ずみ・ブツブツ・デコボコ・肌荒れ。

 

脇からこれらの厄介な問題を消したいならオススメです。

 

WEBだけの特別プレゼントです。

 

→ タップして特別プレゼントをゲットする!